引き出物とは

引き出物は結婚式に参加していただいた方に感謝の気持ちを込めて新郎新婦から渡すものです。以前は、式場で渡す場合がほとんどでしたが、二次会に行く方や遠方から来た方は持って帰るのが大変でした。そこに配慮して、最近は式の後に到着する様に宅配するケースも増えています。

皆が喜ぶ引き出物選びのコツ

ダンボール

家庭で誰でも使うものをチョイス

食器やタオルなど誰でも使える実用的なものにするともらった方も困らなくて済みます。白いタオルは何枚あっても不自由しませんし、バスタオルサイズも喜ばれます。食器も来客用をイメージしてちょっとおしゃれではありつつもシンプルなデザインにすると使い勝手を悪くしません。

自分では買わない高級なものを選ぶのもコツ

あれば使うが自分では買わないものから選ぶと選択肢が広がります。性別を問わないなら折り畳み傘やボールペン、女性に限定するならメイクブラシなどにしてもいいでしょう。引き出物相当の金額を出して買うなら品質の高いものが用意できるので長く使ってもらえます。

賞味期限の長いお菓子もおすすめ

縁起のいいお菓子や地元の名産品を贈るのも新郎新婦の個性が出て面白いです。冷蔵や冷凍保存が必要なものを避け、賞味期限の長いものにすると食べるのに苦労せずに済みます。数点詰めると豪華さも演出できます。持ち帰るのに負担になるような大きなものは避けると無難です。

好きなものが選べるカタログギフト

金額だけ決めるカタログギフトならもらった人が好きなものを選べるので、欲しくないものをもらうミスマッチがありません。贈る方も品物を悩まなくて済むので、手軽に用意することができます。カタログ1冊であれば式当日にお渡ししてもそれほどかさばらないのも魅力です。

引き出物の一般的な予算や相場

引き出物の相場は一般に披露宴で出した食事の三分の一程度の金額と言われます。
その金額をベースにして友達や同僚の引き出物を用意すると失敗しません。職場の上司など目上の方には一つ上のランクを、親族にはもう一つ上を用意する場合もあります。安っぽく見えないものを選ぶと金額はそれなりでももらった方に与える印象をよくすることができます。

引き出物を式場で手配してもらう時と自分で持込する時の違い

送れるものがある程度決まっている

式場で引き出物を手配すると提携業者が用意をしてくれます。ある程度送れるものが決まっており、金額が割高になることがありますが手配がない分圧倒的に楽です。

こだわって自分で選べる

金額や品物に制限なく選べますが、式場に運ぶところまで自分で手配する必要があります。宅配を頼めば自分で運ぶ手間はありませんが預かってくれる式場ときちんと連携しておきましょう。

引き出物の宅配便を提供している会社を紹介☆

引き出物は自宅まで宅配してもらえるタイプが注目されている

作業員

引き出物を注文する時の注意点

自分で手配をした場合は最後の検品まで手を抜かないようにしましょう。数がきちんとそろっているか、大きな傷の付いたものがないかの確認は必須です。
祝い事だけに熨斗などの決め事がいくつかあります。知らずにマナー違反をしないように自分で調べ、注文先には結婚式の引き出物であることを必ず伝えておきましょう。
式場に頼んでいる場合は式場の担当者が見てくれるのでそれほど気を使うことはありません。どちらも急な来場者に耐えられるように少し余分を作っておくと万が一の時に対応しやすくなります。

安全性の高い歩行器を購入しよう

内祝いの店舗選びならこちら☆

抱っこ紐を種類豊富に販売中♪

広告募集中